セラピスト活用リラクゼーションサービス ~ セラピーの新しい可能性 ~

医療機関で心身のケアに

ホーム > 医療機関で心身のケアに

心身のケアに、医療機関で広がるアロマの力

心理ケア、そして症状のケアにアロマの力

メディカルという言葉の登場に示されるように、医療機関でのアロマテラピーが話題になっています。もともとヨーロッパでアロマテラピーは医療目的のものでしたが、日本でもその形を追いつつあるのです。

精油(エッセンシャルオイル)の持つ香りは特に心理面への効果が高く、先立つように心療内科や精神科で活用されるようになりました。そのリラックス効果が認められ、他の診療科目にも用いられるようになってきています。

まずは待合室や診療室にリラックス作用のある香りを漂わせ、落ち着いて診療にあたれる状態に整える。

そしてマッサージやタッチングなどのアロマトリートメントによって緊張やストレスを直接緩和する。それによって治療効果アップや集患率アップという実績に繋げている医院が多数あります。

医療機関でのアロマテラピー
心療内科・精神科 うつ症状の緩和
婦人科 不妊症・月経前緊張症(PMS)・更年期障害の緩和、妊産婦ケア
眼科 手術前のケア
皮膚科 独自の処方薬(軟膏など)に配合
耳鼻科 鼻炎の症状緩和目的の吸入
歯科医院 治療前の緊張緩和
緩和ケア 末期がん患者の苦痛緩和
高齢者施設 風邪予防・リラックストリートメント

なお、アロマテラピー(メディカルアロマ)は日本では医療として認められていません。そのため使用する精油も保険対象外となり、患者様の自費負担もしくは病院負担となります。


お問い合わせ 03-5803-1737 受付 9:00-19:00(平日)こちらをクリック

運営:United World Company 株式会社
〒113-0023 東京都文京区向丘1-7-15 エステック安藤ビル3F
TEL 03-5803-1737
受付時間 9:00~19:00(平日)
Copyright © セラピスト活用リラクゼーションサービス. All Rights Reserved.